定期借地借家契約のメリット

定期借地借家契約のメリット

定期借地借家契約というのは、不動産を賃貸する期間の期限が、不動産契約を開始する時点で決まってしまっている契約のことを意味します。普通の賃貸借契約であれば契約の更新が可能です。しかし、定期借地借家契約の場合には、その更新というのがありません。 こういった定期借地借家契約をするメリットとして、賃料も固定になるということがあります。不動産オーナーとしては、賃料の値下げの危険性がないというのが、一番のメリットと言えるでしょう。また、その定期借地借家契約の期間の間は、テナントが出て行く心配もありません。定額の賃料を期間内は得られるという意味で、不動産オーナーにとっては、安心できる収益確保というのが、最大の定期借地借家契約のメリットだといえるでしょう。

不動産屋さんを探す際の注意点

 インターネットのサイトを持っている不動産屋さんはいろいろありますが、不動産屋を探す際に気をつけたいことを説明します。まずおとり広告です。よくネットに掲載している不動産物件について問い合わせしたらその物件は成約済みですといわれたり、その物件はわけありなんでこっちの方がいい物件ありますよ、来店しませんか?と言われたことがある方もいるかもしれませんが、掲載している多くの物件でそのように言われた場合、それはいわゆる客寄せのためのおとり物件である可能性が高いでしょう。実際不動産屋で契約しようと思っても契約できません。そういった嘘をついてまで気を引く広告を掲載する不動産屋さんが信頼できるかと言ったらそうでないのは明確ですね?

Blog

Calendar