楽しめる不動産会社は、結構いい会社かも

楽しめる不動産会社は、結構いい会社かも

 不動産会社に行くと、若い人中年の人、沢山いますね。みんな真面目な顔をしているけど、お笑いの誰かに似ているとか思ったりします、漫才の目立たない方の人に似ているとか中年の白髪頭のおじさん、落語の春風亭なんとかに似ているなんて思っていると楽しいですね。犬のチンに似ている人もいます、馬より馬面と言う人も、社内を小刻みに歩いている人も、化粧が濃くてこれからステージ?と言う人だって「不動産会社の社員です」と言う感じで働いている訳です。人間、不動産を購入すると言う、人生で最大のイベントの時でも結構そんな風に人を見て楽しんでいるものですね、家に帰って来て「今日の担当者、チワワみたいな顔していなかった?」とか「それより上司の人はスターウォーズのヨーダにそっくりだった」なんて楽しんでいるに決まっています。そんな風に楽しまれる不動産会社は、結構いい会社かも知れません、嫌な雰囲気の会社だったら、そんな風に笑えるような事は言わず、ただ悪口を言うだけになってしまうかも知れないのですから。不動産の人も、名刺に「チワワ顔」「ヨーダです」「馬より馬面」と書いておいた方が、親近感が湧いて仕事の話も和やかに進むかも知れません、そうしたらお客さんも名刺に「カバよりかば顔」と書いておくのはどうでしょう.

担当者との相性も重要

 不動産物件を購入するのに、住宅情報誌 で探すという、一般的な方法がありますね。あの住宅情報誌、特定の時期によっては、その厚さがかなり変わってくるって、知ってましたか。考えてみれば、これは当然のことなんですね。だって、不動産業界では、季節によって売りに出される物件の数に増減がありますから。ですから、もしも不動産物件を探すなら、情報量の多い時期にすれば、それだけ多くの選択肢が増えるということにもなりますね。こうした選択肢は多い方がいいと思います。それから住宅情報誌の特徴を言いますと、そこにはおもしろいコラムや雑学など、物件情報だけじゃなくて、いろんな方面で編集されているんですね。実際にマイホームを購入した方の体験談ですとか、不動産物件購入マニュアルなどなど、毎回さまざまな企画が掲載されています。これは必見ですよ。どうも、こうした住宅の広告に携わっていたせいか、この住宅情報誌にはかなり思い入れがあるんですね。そう言えば、10年も昔なら、こうした住宅情報誌は市販のものだけだったと思うのですが、今は駅の中や本屋の前など、フリーペーパーの住宅情報誌もありますね。これらはすべてタダですが、なかなかいい情報がつまっています。

Blog

Calendar