任意売却をする時には口座を新しく作りましょう

任意売却をする時には口座を新しく作りましょう

 任意売却をする時ですが、実は口座を新しく作っておくという手法がお勧めになります。 銀行口座ですが、そのまま使い続けるといろいろな引き落としがされ続けてしまいます。 任意売却をする時ですが、必要になるのが住宅ローンの滞納です。 一定期間滞納することで任意売却ができるのですが、給与口座などからの引き落としにしていることが多いです。 そのような事にしていますと、いつまでも自動引き落としされてしまいまして任意売却ができません。 以上の事から新しい口座を作りまして、そちらに給与が入るようにするなどの対策をすることが必要です。 任意売却中はとにかく給与口座は別に設けておくという事だけは実行されるべきです。 そうすることで任意売却をスムーズにすることができます。

 

任意売却では滞納した税金の一部を負担してくれる

 任意売却のメリットは、税金差押えやマンションの管理費などの滞納していた一部の金額を差し引いてもらえる場合があることです。 競売の場合には、滞納した税金などは全部自分で払う必要があります。 しかし、任意売却の場合には、滞納していた税金の一部の滞納額を負担してくれる場合があるのです。 任意売却のメリットは、誰にも分からないように売却ができることです。 任意売却なら、友達や近所の人の目を気にすることなく不動産を売却することができます。 競売の場合には、新聞の折り込みチラシなどでそのことを一般に公開されるようになります。 しかしながら、任意売却の場合には、一般の不動産の売却と同じような方法のため、近所の人などに分かることはありません。

Blog

Calendar