任意売却後の残債務の返済

任意売却後の残債務の返済

 自宅を任意売却で売却しても、ほとんどの場合債務が残ってしまいます。 任意売却の際の残った債務はどうすればいいのでしょうか。 債権者に「家を任意売却したために借金をなしにしてもらえませんか」 と話してみても、その要望は叶えてくれません。 「返済計画を立案してください」とか「一括で支払ってください」などと言われます。 しかしながら、債務者にとっては、唯一の資産を任意売却により処分したすぐ後であり、残債務についても、従来と同じように毎月の支払いを行うことなどどうしてもできません。 支払いができるようなら、任意売却など行わなかった訳です。 そのため、任意売却後の残債務の返済については、話し合いによって返済方法の調整をすることになります。

任意売却後も同じ家に住み続けたい場合

 任意売却後も同じ家に住み続けることはできないのでしょうか?と思う場合も少なくないでしょう。やはり思い入れのある住宅を手放すのは当然悲しいものです。実は任意売却の手続きをしても、同じ家に住むことは全く不可能なことではありません。例えば、親戚や身内に売って、任意売却をおこない、その人に家賃を払って住んだり、投資家に買ってもらい、投資家に家賃を払って、住み続けるなどの方法があります。その後収入が上がれば買い取ることもできなくはないでしょう。任意売却専門の業者の中にはこのようなことをしてくれる投資家を紹介してくれるケースもあります。ですからあきらめないで、任意売却を依頼する業者に相談するときに、同じ家に住みたいという希望を伝えてみるとよいでしょう。

 

Blog

Calendar