任意売却で残ったローン残高

任意売却で残ったローン残高

 任意売却により不動産を売却したことにより、ローン(債務)がなくなれば関係者(債権者・債務者)はハッピーです。ところが、実際にはローン残高の方が任意売却価格よりも大きい方が普通です。 つまり、任意売却後は、残高=ローン残高−任意売却価格 となります。任意売却は、ローンが残っていても不動産を処分できることと理解されていますが、実際にはサービサー(債権回収会社)・保証会社が債務者に代わって債権者にローン残高を支払い債権を債権者から買い取っています。任意売却後は、債権者は最初に借りた銀行ではありません。このことを代位弁済といいます。 任意売却後に、債権回収会社や保証会社に残ったローン残高を返済することになります。これらの会社は、ローンを払えなくなったことを知っていますから、返済額について柔軟な対応をしてくれます。場合によっては、ローン残高の圧縮(例:残高が1000万円なら800万円に減額)もあります。これで、無理なく新生活において無理なく返済をおこなうことができます。

 

任意売却業者の事務所に相談に行く場合

 住宅を手放す際に任意売却をしようと決定しましたら、まずは任意売却業者の事務所に相談に行くことになるでしょう。 任意売却業者の事務所に相談をしに行く時ですが、その時点では安易に決めない方がよろしいです。 やはりその業者が信用に足るところであるのかを、 しっかりと調べたうえで利用するのかを判断するべきであるからです。 その信用に足るべき任意売却業者であるのかという事ですが、 特に注目したいのがしっかりとした説明を聞くというものです。 こちらの質問にもしっかりと答えてくれる任意売却業者が良いでしょう。 例えば、多くの方が不安に思っているのが、費用というものや引越代などです。 そういった部分についての説明やアドバイスをしっかりとしてくれるのかを確認しましょう。 あまり親切に説明してくれない任意売却業者もありますので注意が必要です。 親切に対応してくれる業者をしっかりと利用しましょう。

 

【神奈川県(横浜市)】
横浜市/ 鶴見区/ 神奈川区/ 西区/ 中区/ 南区/ 港南区/ 保土ヶ谷区/ 旭区/ 磯子区/ 金沢区
港北区/ 緑区/ 青葉区/ 都筑区/ 栄区/ 泉区/ 瀬谷区/ 戸塚区
【神奈川県(川崎市)】
川崎市/ 川崎区/ 幸区/ 中原区/ 高津区/ 宮前区/ 多摩区/ 麻生区

Blog

Calendar