任意売却をした理由です

任意売却をした理由です

融資を受けるために自宅などを担保に入れて借入をしたのに返済が困難になって担保に入れていた不動産を売却することを任意売却といいます。金融機関から融資を受けているわけですから任意売却をするためにはそこの合意が必要です。 競売という手段もありますが任意売却のほうがメリットが大きいです。売却価格も相場に近いものになると言われているので残った債務を圧縮することができます。任意売却のほうが自分に有利な条件で進めることができます。 住宅ローンの返済が滞っていたり固定資産税を滞納していたりと支払いが困難になってしまった場合は任意売却という手段もあると覚えていたほうがいいでしょう。 任意売却をすることによって救われている人が多くいるのであります。

 

任意売却後に残った債務(オーバーローン)について

 任意売却をおこない、不動産を処分したあとに残った債務(オーバーローン)はどうすれば良いのでしょうか。多くの場合、任意売却後も残ったローンが発生してるケースが多いです、この場合任意売却物件の住宅ローン債権者と相談をして、決めていく形が多いでしょう。返済が可能な金額を相談し、設定し債権回収会社や代位弁済をおこなった保証会社に返していく方法です。 また住宅ローン以外にもクレジット、キャッシングなどの滞納もあった場合は自己破産や任意整理などの方法を選ぶこともあります。このように任意売却後の残債務は各々の債務状況や事情をトータルに見て、どの手続きにするのかを決めていく必要があります。いずれにしても任意売却をおこなうことで債務は確実に減りますので、債務者の負担は減るでしょう。

Blog

Calendar